ppummu’s diary

鹿路悠香です

練習

単純にそもそもの目的やねらいを焦ることなくどっしり構えて主体を自分に置いて、そんで今なにをするときなのかを考えたりとか片付けられることは先送りしないだとか、根っこでどうしたかったりどうありたかったりするのかだとか見返して過ごしたい。

 

いまいえりこ議員が批判なき政治ってスローガン掲げてた頃、

「批判」のことを「わるぐち」のニュアンスで認識してる層がいるっていう言説をよく目にした。

たぶんもしかすると、その捉え方もあながち間違いではないのかなって思う。

 

自分に対する反論や同調できない考え方を見かけたとき、さも自分が正義であるかのように、悪と対峙してるような心持ちになってないだろうか。

今まで批判や指摘だとされてきたことが変質してきてるやうな気もする。僕の見る狭い範囲の中では。

みんな自分を守ることに必死だっていう風潮の中で(そうであったとしても、そこだけに夢中になるほど)その気になって、

なにか言われると存在ごと否定されてるように思えてたり。とかないかな。

非を認める、ってほど大げさなことをする必要はないと思う。

間違ってたと思うのならそこを修正したらいいし、間違ってないと思うのならその根拠を添えて示したらいいし。ごめんなさいならごめんなさいだし。

使えるものは使ってくのがいいと思う。

揺らいだり、ウグッてなることって、やっぱ自分に響いたり引っかかったりすることだったりも、たぶんあると思うよ。吸収できたら、優しくてかつ力持ちに少し近づけそう。

 

そもそものそも、たたかう相手がちがうんでは、っていうかその場で反射的にたたかう体勢とるほどに追い込まれてるの?命が危険に晒されてんの??

民と民でやりあうのって、趣味の悪い金持ちが特等席で見てるコロシアムの中で殺し合いしてるようなもんでしょうよ、と思う。おそらく。

今んとこはまだ、殺さなきゃ殺されるって心配もないと思うよ。

おいくら万円するか知らんけど、命に匹敵するくらい高価なプライド守ってるんであれば、ちょっと査定してもらってみるのもいいかも。

 

余裕があるときには悪循環をじぶんで止めるてみるのもいいと思う。

大小さまざまないろんな負のループってそこらへんにあるし、できるときに自分が断ち切ったら案外スッと止まったりもないことないよ。

響くこともなく感謝もされず褒められず、甲斐がないって思う気持ちもわかるけど、そう判断するのは性急でないかな。

死ぬまでのあいだって過ぎてしまえば短いけど、つらいとすげー長いよ。

なんだかんだ下心あっても、よくしてたら遠回りしても帰ってくるよ。

それに、期待とちがってガッカリしたとしても、

そうするのを決めて動いたのも自分が何かを求めたからであって、かってな期待もったのも自分なんだし、たぶん笑ってすませられたりすること多かったりもするんじゃないの、って思ってる。

 

自分があるからこそ快楽があるのであって、

楽しみやよろこびを、その方法を、マネキンに着せたり有名人に言わせたりして提示され与えられたそのままをまるごとラーニングしてそのままなぞったとして、体の芯から湧き上がるものがあるのかな。

その受容体であるとこの自分自身は100パーセントオリジナルなわけはないし、

じゃーなにがオリジナルで唯一なのかというと、

重ね方や辿り方、なにを拾ってなにを捨てたか、どんな影響をどう受けたか、または受けなかったか、

そういう選択や意思決定に偶然が絡んで、それがおもしろいし愛しいし尊重できるんでないかな、って思えました。

インターネット識者はみんな人工知能説

嫉妬と、褒められたさと

楽になりたさと、上に立ちたさなど諸々。

一ヶ月くらいしゃせーも夢精もできてないの、誇ってます。称えろ。

 

考えや立場が最近凝り固まってきてる。

僕が何かの判断を下さなければ、何事かが始まらないわけではないので影響はないんだけれど

前提をもつのはイヤだので、あらがいたいと思ってます。

思考停止というかパターン化は、忙しさゆえの効率化であったり、精神衛生のための防御であったり、休憩ポイントであるかもしれないので

一概に怒りもできないなとオモタヨ。

安心できる場は必要だよ。

近頃の観測範囲内はなんでもかんでも意見が飛んでくるので、安心して笑ったりとか難しいけれど、オフラインでは実現できるんだろうね。

知り合うことや、遠方同士での連絡/共有など、うまく使えるはず。実際そうしてる人も少なくないだろうし。

 

言葉や音や光や意味などが氾濫してるように感じるのは、そこしか見てなくてそこが全てになっているからなのかな。

情報に付随した感情や意図にわざわざ目を向けて汚らしく思うことはムダなんでしょう。たぶん。人の感情で遊ぶな💢

 

性のなんとかの話題あったけど、

石橋を叩いて壊してホラ壊れたって言ってるように見えてしまうよ、最近。

みんなウェッブとの距離をうまくとるか

もしくは集団自決しよう。

正常の中に居ない自覚あるけどメッタメタにやられてみたくもある

同じ場に正義が少なくとも2つある

どの正義を掲げてる陣営にも、後ろめたいことだとか私利私欲というやつも含まれてて当然だと思うけど、まな板の上にのってる題材に関してそれらが影響されるべきではないと思っちゃう。

 

○○は信用できる/できない人だって思う感覚

あの人が言うことは〜、あの人が言うなら〜

っていうの、効率だとか理には叶ってるんだろうけど、意見だとか主張は発言者に帰属すべきでないと思ってる、今は。

大抵その勘は当たっているんだろうけど、疑ってみることを忘れてはいかんのでは?って。

勢いのまま突き進むことってこわいよ。

 

相手をねじ伏せた側が正義になるのはそうなんだろうけど、

時代の指針になるってことであって、個々人が侵されることはあってはならんのではないかなー。

今のベターって今にしか通用しないかもしれないのに。

 

誰かの思う正しさってその当人からしたら正しいんだし、

間違ってるって批判することも正しくあるし。

自己責任だとか個人主義になってきてる感を昨今おぼえてるけど、

ほんとに勝ち続けなきゃまともに生きられなくなるのかもね。

公共だとか福祉だとか、そのうち完全なハリボテになるのか

もしくは反逆者は残存して戦うのか

知らんけど。

 

セーフティネットっていうのは、

もし自分の身近がそうなったら

っていう思いを持ってしたほうがよいんではないのかに。

 

メンタルや根本がおかしい僕は

弱者はどうせ生きづらくて、優勢や標準より労力がいる人生なんだから早めに淘汰されたほうがいいんでは。って思ってたけど、

そうでもないと思えるようになってきたよ。

ズレを減らしたいので、整骨キボンタ

人との距離の測り方。

自分のいる社会の中で、自身はどういうポジションに居るのか。

を把握するには

標準・普通 を学ばなければならない

のかもしれないなと思った。

 

「普通」であること

ってのは、指標 だとか 目標 であるのかな。

世間では

普通がいちばんむずかしい

とか

普通じゃつまらない

とかいう言葉が目立って見えるけど、

たぶんこの2つの指してる「普通」って

ちがうんだろうね。

良く言うのと悪く言うのでは意味が変わるもんね、当たりまえだけど。

 

今回指してるのは良い意味での普通のことで、

それはやり方であるとか、在り方であったり

こうするんだよっていうお手本なのかなって。

そう思いました。

メンヘラ周期に入った

承認とゆか愛され欲求のダムに少しでも亀裂入るとドバーてなっちう

もう若くないのに。

 

半月くらいブッコイテない

おくすりたそは性欲とか野望とかそういう皮脂を増やすものを抑えてくれるから好き

この渇きも抑えてくれたらいい